2016
04.01

セルカークレックスの遺伝子検査

Category: 日々のこと
ぱんちゃんの仔猫たちもフリズルシズルとフィオリーナちゃん
を残してお引越しが終わりました。

フィオリーナちゃんは、お迎え頂くのに猫を飼っても良い所に
お引越しされるので、その間お預かりしています。

フリズルシズルは母猫になるため、Catteryに残ることとなりました。

デイジーには娘のみゅげが残っているのですが、
ぱんちゃんっ子は、まだ残っていないので、
もし、両親それぞれからカールの遺伝子を受けついでいる
homozygot(ホモ)の子が産まれたらお残ししたいと思っていました。

ホモの子だったらエクスカリバーが父猫になっても
オールカールの仔猫が産まれます。

その中でも三毛だったらぱんちゃんみたいに、色んなカラーの
仔猫が産まれていいなって思っていました。

今回産まれた中で、トーティー(三毛)ポイントでホモらしい子がいました。
おまけにホワイトも持っています。
その子がフリズルシズルでした。
P3145796.jpg

セルカークレックスの巻き毛の遺伝子検査は、アメリカのカリフォルニア大学デービス校で
して頂けるので依頼しました。

送られてきた検査結果は、  SLK/SLK
フリズルシズルは、ホモでした(*^^*)

ちなみに
N/SLK は、ヘテロ
N/Nは、ストレートになります。

775.png


と言う訳でフリズルシズルは、うちの子になりましたので
どうぞよろしくお願いいたします。
大人になってどんな赤ちゃんを産んでくれるか、今から楽しみです。


ブリティシュショートヘアとセルカークレックスの仔猫に興味をもたれた方は、
お気軽にメールフォームからお問い合わせください。
すべての子に避妊、去勢の手術をお願いしています。
繁殖および第三者への譲渡・転売禁止です。
一生涯家族の一員として可愛がって下さる方を希望します。

お名前,ご住所(お住まいの都道府県など)はかならず書き添えてください。
ご連絡先(電話番号)と自己紹介( 家族構成、先住ペットの有無、先住ペットの種類など)
を書いていただけるとうれしいです。 


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://doudou22.blog.fc2.com/tb.php/159-dde47e99
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top